夜の飲み屋業態は、過去と比較して色々なジャンルが出来ています。 地方に行けばスナックやパブなどが一般的ですが、都内ではガールズバーやキャバクラ、クラブが中心となっています。
今回はガールズバーのみに特化して独り言を書いて行こうと思います。
ガールズバーと言っても経営者側の認識によって様々で、基本は風営法に準拠してカウンター越しの接客が殆どですが、警察の取り締まりが緩い地域は隣に座っての接客などパブと同様のスタイルが見受けられます。 新宿や六本木などの繁華街に出るとより尖った営業スタイルで差別化しているので、ギラギラガールズのように踊りなどのショーを交えたスタイルやAV女優がキャストに立つ店などが見受けられます。

料金帯も接客スタイルに見合った金額となり、都内一般は1時間2000~3000円で飲める店から、5000~6000円前後のキャバクラ手前の金額などがあるようです。 女性の接客が売り物となるガールバーやキャバクラが常日頃から頭を悩ませている問題があります。 それは女性のアルバイト求人です。
世の中に出回る色々な求人媒体に出稿していますが、常に不足しているのが実情です。 人数的な不足の店もあれば、見てくれの容姿や客を握っているキャストの獲得など、求人方法は様々ですが、売上向上を目指すと結果的にキャストの探求になるのです。 求人方法は、先に述べた求人広告、街中でのスカウトなど、他店からのスカウトによるバンス買取など業態によっても方法論があるようです。

私は、京王線沿線のガールズバーを経営していますが、女の子のアルバイト募集は求人媒体がメインです。 スカウトや買取などは客単価の関係でとても費用対効果に合いません。 また、女の子も素人の学生さんが中心で、少しずつ接客を覚えてもらいながら、お客様に見守ってもらうようなアットホームなお店です。 お客様もギラギラとお持ち帰りを狙う方よりも近所住まいの常連様が殆どといった感じです。
お店的には、長く働く女の子も必要ですし、常に新陳代謝しながら新しいフェイスも導入し続ける野心も大切です。 求人に悩みながら、ストレス解消で文章にしてみましたとさ。
もし笹塚のガールズバーでアルバイトをご希望の方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。